歯周病

歯周病の進行度と治療

進行度:P1

【歯肉炎】
健康な歯なら、歯周ポケットが0.5mm~2mm程度ですが、歯肉炎になると3~5mm程度になります。ブラッシング時に出血することがあります。歯肉炎は歯肉のみの炎症で、歯槽骨には異常はありません。
治療方法:ブラッシングをしっかりと行い、歯石除去を行います。

進行度:P2

【軽度歯周炎】
歯周ポケットが4mm~5mm程度になり、歯肉の炎症が進んで、歯を支えている骨の吸収が起こりはじめています。
治療方法:歯肉の下にある歯石を機械的に除去します。

進行度:P3

【中等度歯周炎】
歯周ポケットが5mm~7mm程度になり、歯を支えている骨もかなり溶けてきています。症状として、歯肉が腫れたり出血があったり歯がぐらぐらしたり嫌な臭いを感じたりします。
治療方法:歯周病の専門的な治療を行い、改善をはかります。

進行度:P4

【重度歯周炎】
歯周ポケットが7mm以上になり、歯を支えている骨がかなり吸収されています。症状としては、歯の根(歯根)が露出してきたり、歯がかなりぐらぐらとゆれたりします。
治療方法:歯周病の専門的な治療を行い、改善をはかります。場合によっては歯を抜かなければいけません。

歯周病と身体の関係

歯周病と細菌性心内膜炎(心臓)

心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合があります。その原因のほとんどが口の中にいる細菌なので、予防には定期的な口腔ケアーが重要です。

歯周病と糖尿病

糖尿病になると、歯周病になりやすいことがわかっています。血管の血糖値が上昇すると歯肉の感染防御機能が低下して、炎症が起こりやすくなります。また逆に歯周病の状態が悪くなると、糖尿病が悪化することがわかってきました。内科的治療と歯周病治療(抗菌療法)をすると、血統コントロールの状態を示す空腹時血糖値やHbA1cの値が改善しました。健康診断で血糖値が高いと言われたら、食生活や運動不足に注意するとともに、歯周病の治療も受けて下さい。

歯周病と肺炎

食べ物を誤って気道に入れてしまい、歯周病菌が肺や気管支に感染するケース(誤嚥性肺炎)は、寝たきりのお年寄りに多くみられますが、口の中の細菌が少なければ肺炎のリスクを減らすことができます。そのためには健康なときから、口の中を清潔に保つ習慣をつけることが大切です。

歯周病と早産

歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

院名 長﨑歯科クリニック
院長 長﨑秀彦
住所 大阪市阿倍野区文の里3-2-18
最寄駅 ・地下鉄谷町線 文の里駅から徒歩5分
・地下鉄御堂筋線 昭和町駅から徒歩8分
・JR阪和線 美章園駅から徒歩5分
電話番号 06-6629-8880
診療時間 9:30~13:00/15:00~19:00
休診日 火曜・日曜午後・祝日
(祝日のある週は火曜も診療します)

大きな地図で見る